妊娠・出産

つわりの種類と対策〜わたしの体験談

紫苑

こんにちは、紫苑(@shion615_aster)です

出産した女性の約8割が経験するつわり。

ドラマや映画なんかで「ウッ!」って手で口を押さえてトイレに駆け込む…
こんなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?

実際はこのパターンって少ないように思います。
経験した人でないと辛さはわからないものですが、私の体験談も交えつつ、どんな種類があるのかまとめてみました。

つわりっていつから?

妊娠初期に起こり、妊娠4週〜15週(2ヶ月〜4ヶ月)に治ることが多いです。
稀に出産までつわりが続いたという人も見かけますね。

はっきりとした原因はまだ解明されていないようですが、多くの人が経験しているので体験談もたくさんあります。


一般的にピークは妊娠8週〜11週で、この間が一番酷かった人が多いと言われています。

つわりの原因としてよく言われている理由がこちら。

  • 妊娠すると分泌されるホルモン(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)が嘔吐神経を刺激するため
  • ホルモンバランスの変化で自律神経の失調を起こすため
  • 母体が胎児を異物と判断して体がアレルギー反応を起こすため
紫苑
紫苑

私も3人産んで3回とも程度は違いますがつわりがありました

ピークは8週目から12〜13週目がすごくしんどかったです

[ad]

つわりの種類

つわり=吐き気って思っていますか?
実は結構パターンが多いのがつわりの厄介なところなんです。

つわりの症状
  • 吐き気、嘔吐⇨吐きつわり
  • 匂いに敏感になる⇨匂いつわり
  • 空腹時に気分が悪くなる(食べてないと気持ち悪い)⇨食べづわり
  • 頭痛、体のだるさがある
  • 寝ても寝ても眠い⇨眠り悪阻
  • 唾液がたくさん出て飲み込めなくなる⇨ヨダレつわり
  • 食べ物の好みが変わる、食べられなくなる

吐きつわりや匂いつわりが有名な症状ですね。
一日に何度も吐いてしまったり、ご飯が炊ける匂いがダメだったりしますよね。

どれもとても辛い症状なので、出産よりつわりの方がキツかったというママさんも多いこと!
中には妊娠悪阻にんしんおそという病気で長期間入院するママさんもいます。

主につわりの症状がある妊娠初期は妊娠期間中でも特にお薬などに制限が強い期間でもあります。
しんどくても耐えるしかない、そこが「2度と経験したくない!」と言われる理由ですね。

そしてマイナーな症状ではヨダレつわりなどがありますが、これがとても辛いんです。

私自身もほんの少し経験があるのですが、止めどなく湧き出てくる唾液。
しかもそれを飲み込めない!ヤバイ!気持ち悪い😭

例えるなら猛烈な吐き気で唾液がじわっと出てきますよね?(私だけ?笑)
それが吐けずに続く感じです。

コップやペットボトルなんかに溜まった唾液を吐き出しながら症状が治るまでひたすら耐えてました。


次にこれらの症状への主な対策を考えていきます。

つわりへの対策

つわりへの対策ですが、症状に合わせて異なります。

でも、共通しているのは無理をしないこと
つわりがあることが母体を休ませるためだと考える人もいます。

妊娠は病気のように休んだり薬で治したりが出来ないので、楽な姿勢・環境で安静にするのがいいと思います。
お仕事をされている妊婦さんも多いでしょうから、全員がこの限りではないですね。

しかし、休める時に休むことが大事だと思います。

つわりの対策としては、吐きつわり・食べつわり、匂いつわりには少し対策のしようがあります。
ヨダレつわりと眠りつわりなど食べ物以外には対策がないようです。

口に溜まった唾液はこまめに出す、眠い時は無理せず横になる。
これしかないのも辛いところですね。

吐きつわり・食べつわり対策

吐きつわりでは、吐くために体に力が入ることもあるため、体を温めたりマッサージすると少し楽になることもあるようです。
体を締め付ける下着や服も変えると楽になります。
歯磨きや口をゆすぐうがいも少しは効果があるようです。

食べつわりは、口に何かを入れていないと気持ち悪いと感じることが多いので、飴やクッキーなどを手元に置くと良いようです。
プチトマトやゼリーを好む人もいます。
口の中がさっぱりすると少し楽になるかもしれません。

匂いつわり

匂いの対策は、マスクが効果的です。
匂い付きのマスクもあるので、ミントなどさっぱりとした香りをチョイスするといいでしょう。
料理が辛い時は鼻栓も効果的です。(実証済)

つわり中の家事

動くのもとても辛い時期。

特に毎日の家事や食事の準備が厄介です。
1人目の時は夫婦2人のことが多いでしょうから、コンビニやスーパーのお惣菜で済ますのも簡単です。

しかし、2人目以降は難しいですよね。

家族に頼れる人がいるならばしてもらうのが一番です。
漫画「コウノドリ」でも描かれていますが、妊娠は周りの人の理解が不可欠です。

妊娠するのは女性ですが、男性も「父親」になる準備をする期間です。
自分には出来ない、苦手だ。

ではなくやるべき仕事です。

家族を作るのですから、自ら動けるようになるのがベストです。
(そんなこと言っても難しいですよね、ハイ)

では家事を減らす工夫をあげてみましょう。

  • 紙皿を使って洗い物を減らす
  • ロボット掃除機、食洗機、洗濯乾燥機の導入
  • 夫婦でやることリストを作り、家事の見える化

家電に関しては収入と家のスペースによっては実現可能ですね。
我が家にはどれもないものです😥←

しかし、家事を減らしたり、負担を分け合うことは将来の育児にとても役立ちます。

ママは母性の神でもなんでもない一人の人間です。
子供の看病をすれば病気も感染るし、体調も崩すし寝込むことだってあります。

だから男性でも出来ることを増やし、子育てを女性だけが担う常識を変えていけたらいいなと思います。

細かい家事の打ち合わせもやっておいて損はないでしょう。
洗剤のメーカーなどもAmazonや楽天市場で検索しながらリストを作って確認し合えると買い物のミスもグッと少なくなります。

つわり中の食事

吐きつわりや食べつわりはもちろん、好きだったものが食べられない妊婦さんはとても多いです。

赤ちゃんのために栄養を摂らなきゃ!と思う人もいるでしょう。
無理に食べて吐くのも辛いですよね。

私がつわりで何も食べられない時、通っていた産婦人科クリニックの助産師さんが教えてくれました

助産師さん
助産師さん

つわり中はママが食べられるものを食べて大丈夫です。

最初は水分さえ取れていれば赤ちゃんはちゃんと育ちますよ。

水分まで口にできない、吐いてしまうなどは脱水症状になってしまうのでいけませんが、そうでないなら問題ないようです。

それでもきつい時は点滴をしてもらえるので、通院している産院へ相談するといいですね。

食べられるならマッ○だろうがなんでもいいんです!
私もよくフライドポテトを塩少なめにしてもらって健診帰りに食べていました笑

もしも栄養バランスが気になる時は、葉酸が入っているサプリなんかがオススメです。

こんな時は迷わず病院へ!

お腹が目立たない時期なので、周りへの報告などを控えているママさんもいる妊娠初期。

辛いつわりを耐えていても、どんどん酷くなるようなら迷わず病院へ行ってください

  • 一日に何度も吐いてしまって脱水状態になっている
  • 数日間ほとんどなにも食べられない
  • 妊娠前より体重が5kg以上減った
  • 体力が落ちてフラフラする

このような時は点滴もしくは入院治療が必要な状態です。

辛い時は無理せず周りを頼ってくださいね。
赤ちゃんを守るためにも、ママ自身を守るためにも必要なことなんです。

私自身、3人目を妊娠中13週目にインフルエンザになり、丸一日水分すら受け付けず病院へ電話しました。
その時は診察終了した後に特別に点滴をしてもらい、かなり楽になりました。

電話するだけでも全然違います!
迷ったら病院へ相談だけでもしてくださいね!

最後に

妊娠を考えている人や男性にはちょっとピンとこない話だったでしょうか?

現在つわりで苦しんでいるママさん、応援してます。
SNSなどで情報が容易に拡散され、情報に踊らさせることもありますよね。

たくさんの体験談もありますが、SNSを利用して励まし合いながら乗り切る姿もあります。
私も1人目の時がそうでした。

情報を鵜呑みにしすぎず、取捨選択しながらゆっくりママになる準備をしましょう!

ABOUT ME
紫苑@しおこ
田舎生まれ田舎育ちの米農家。爆弾3児の子育て中!お菓子とパンを作るのが好きです(米農家なのに小麦粉大好きwww)